女性のヘルスケアについて考える

MENU

女性ホルモンの分泌に効くツボ

女性ホルモンは卵巣で作られますが、その女性ホルモンの生成を促進したり、女性ホルモンの働きを活性化するためのツボがあります。一日数回、指でグッと押すだけなので、覚えておいて、テレビを見ながらや、仕事の合間に押してみるとよいでしょう。

 

まずは女性ホルモンを作る卵巣を元気にする湧泉というツボです。これは、足の裏にあって、人差し指と中指の間から踵に進んだ土踏まずの手前、やや凹んだ部分です。ここは、冷えを解消して血行を促進する効果があり、婦人系の疾患にも良いとされるツボです。足の裏ということで、冷たくなりやすいのですが、温めた状態で押したほうが良いので、お風呂上りなどに押すとよいでしょう。そもそも、中医学では湧泉は冷やしてはいけないとされているので、足を冷やさないように出来るだけ靴下を履いて暖かくしておきましょう。

 

次に、女性ホルモンの分泌と、バストの張りを取り戻す効果がある壇中です。これは、両方のバストトップの真ん中にあるツボで、わかりやすい場所にあります。バスト周辺には、両方のバストトップからそれぞれ10cm外側の脇の下あたりにある渕腋というツボは、バストへの栄養をいきわたらせることでバストアップの効果があるというツボです。また、おへそのみぞおちの間にある中院というツボも、女性ホルモンの分泌を促すツボになります。

 

頭のてっぺんのど真ん中、両耳をつないだ線と、鼻から後ろに引いた線がまじわったところが百会というツボです。ここは、頭皮や髪の毛を美しくしてくれるほか、リラックス効果もあります。美容院のマッサージなどでもよく押されるツボです。

 

手軽に押せるツボとしては、手の親指と人差し指の2つの骨が重なる場所から、やや人差し指よりのところにある合谷がおすすめ。手にあるツボなので、いつでもどこでも押すことができ、人前で押しても違和感がありません。血行促進や新陳代謝の効果があるツボですが、押していると気持ちがいいので、無意識に押してしまう習慣が付きそうです。

 

これらのツボは、どれも血行を良くしたり、女性ホルモンの活性化をサポートするツボです。押す時は指の腹で気持ちが良いと思う程度の強さで押しましょう。効果を望むからと言って、痛いほど押す必要はありません。逆に強く押し過ぎると不具合が生じる可能性があるので、注意が必要です。ツボを覚えておいて、お風呂の中などでゆっくり押すと、温まってツボ押し効果がアップするほか、リラックス効果も得られます。

 

参考|チャットレディランキング
http://xn--dckzcgqe4npc.xyz/

 

チャットレディランキングを参考に求人を選べば、優良な求人案件が見つかりますし、チャットレディなら一般的なパートより儲かって融通も聞くので、体調が不安定な女性はシフトに融通が利く仕事のほうが良いかもしれません。

豆乳が女性ホルモンを増やすって本当?

豆乳が女性ホルモンを増やすというのを聞いたころがある人もいるのではないしょうか。実際に、女性ホルモンの増加を期待して、豆乳を飲む人もいます。しかし、実際のところ豆乳が女性ホルモンを増やすというわけではありません。豆乳には良質のたんぱく質が含まれているため、血行促進などの結果女性ホルモンの分泌を助けるという意味では間違ってはいませんが、直接的に豆乳が女性ホルモンを増やすかどうかというと、そういうわけではないのです。

 

それではなぜ豆乳=女性ホルモンというイメージが出来上がったかというと、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、体内で女性ホルモンに近い働きをすることから、女性ホルモン様成分として人気を博したことに端を発しています。たしかに、大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに近い働きをするため、摂取することで女性ホルモンが増えたのに近い効果が得られるということになるのです。しかも、豆乳をはじめとする大豆製品は日本人にはおなじみの物ばかりで、豆腐に納豆、味噌、しょうゆなど、毎日使う食品で摂れるというのも魅力でした。

 

しかし、最近になって大豆イソフラボンが必ずしも体内で女性ホルモン様の働きをしないということがわかってきました。大豆イソフラボンは確かに栄養はあるのですが、女性ホルモン様の働きをするためには体内でエクオール産生菌によってエクオールに変換してもらう必要があります。しかし、そもそも体内にエクオール産生菌を持っている人が、日本人の約半数しかおらず、エクオール産生菌を持っていない人は、せっかく大豆イソフラボンを摂っても大豆イソフラボンのまま吸収されてしまい、女性ホルモン様の働きはあまり期待できないのです。しかも、エクオール産生菌を持たない人は若い世代に増えており、今後も増加することが予想されています。

 

しかし、現在は大豆イソフラボンをそのままサプリメントに使うのではなく、エクオールの状態にしてサプリメントにした商品が増えてきました。こういった商品であれば、エクオール産生菌がなくてもエクオールを摂取できるので、女性ホルモンに近い働きを期待することができます。しかも、摂りすぎると乳がんのリスクがあるとされていた女性ホルモンを抑制する効果も持つため、そのリスクがなくなったのもポイントでしょう。このエクオールはまだ比較的新しい成分で、サプリメントの商品もそれほど多くはありませんが、今後の人気に期待されています、